スタッフ紹介


【代表・ココロとカラダのリスク管理スペシャリスト】  

  大森 大 DAI OMORI  

 

 【最終学歴】

 国士舘大学体育学部体育学科卒業(41期生)

 

【資格】

 (財)日本コアコンディショニング協会 A級講師

  NSCA-CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

  健康運動指導士

  国際救命救急協会 EMAインストラクター

  かながわ介護予防・健康づくり運動指導員(専門)

  中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)

 

 

【指導歴(現在)】

  国士舘大学女子バレーボール部  ストレングスコーチ兼トレーナー  (2006~

      春日部共栄高校女子バレーボール部  ストレングスコーチ    (2008~

    相洋高校女子バレーボール部 ストレングスコーチ              (2012~

    KUROBEアクアフェアリーズ 帯同トレーナー      (2015~

  神奈川県海老名市健康保険事業 非常勤講師     (2010~

     〃    介護予防事業  講師       (2011~

    A-1スポーツプラザ アドバイザー          (2015~

 (社)日本親子体操協会 こども指導者アドバイザー (2016~)

 

【指導歴(過去)】

   元東海大学アメリカンフットボール部 ストレングスコーチ      (2003~2005

     国士舘大学男子バレーボール部  ストレングスコーチ兼トレーナー    (2013~2014

  医療法人SEISEN 清泉クリニック整形外科メディカルトレーナー  (2006~2012.8

  (株)東急スポーツoasis・パーソナルトレーナー          (2003~2012.8)

  五十子クリニック 健康教室・講師                           (2008~2010

  県立横浜緑園総合高校【コンディショニングプラン】非常勤講師  (2011.4~2012.3

      風神ライカ フィジカルトレーナー                                          (2011~2012.12)

 

【コメント】

『スポーツ障害や慢性痛は起こるべきして起こる!』

を合い言葉にケガや慢性痛が起こらない体づくりを提案いたします。

 


 

【SOS T-Labスタッフ】

  山田 有紀乃 YUKINO YAMADA

 

【最終学歴】 

   東京女子体育大学卒業

 

【資格】  

・介護予防運動指導員

・JFCA認定ジュニアファスティングコンシェルジュ

・JCCA認定 ベーシックインストラクター

・アディダスファンクショナルトレーニングトレーナー

・保健体育教諭免許

 

【運動歴】

◦サッカー12年

 

【皆様へのメッセージ】

女性スタッフも複数名いますのでお気軽にご来店ください!!

 


 【SOS T-Labスタッフ】

  関 昌隆 MASATAKA   SEKI

 

【最終学歴】 

  日本大学文理学部体育学科

 

【資格】  

  日本プロテニス協会プロフェッショナル2

 

【運動歴】

  テニス

 サーフィン

 

【皆様へのメッセージ】

皆様のサポートができるよう頑張ります!

 


【SOS T-Labスタッフ】

  平野 七菜 NANA HIRANO

 

【最終学歴】 

   三重高校卒業

 

【資格】  

・国士舘大学体育学部在学中

 

【運動歴】

◦バレーボール10年

 

【皆様へのメッセージ】

SOS T-Labで今より健康で笑顔な自分になりましょう!!

一緒に私も動きますよ!!

話し好きなのでいっぱい話しかけてくださいね 

 


 

【健康教室講師】

   山口 薫 KAORU YAMAGUCHI

 

【最終学歴】

  日本女子体育短期大学卒業

 

【資格】  

・健康運動指導士 (健康・体力づくり事業財団)

・貯筋運動認定指導者(       〃    )

・シナプソロジー・アドバンスイントラクター 

・スポーツ救急手当プロバイダー(JSFA)

・日本コアコンディショニング協会(JCCA)

   シニアコアコンディショ二ングスペシャリスト

   ひめトレ・インストラクター

・中学校保健体育教諭免許

 

【指導歴】

・茅ヶ崎、藤沢にてリハビリデイサービスにて運動指導

・横浜市と提携し「貯筋運動プログラム」を取り入れた介護予防教室を

各地域ケアプラザにて開講

・現在、葉山市との介護予防共同健康プロジェクトが国のモデル事業に選定され、

各地区にて指導および普及員を育成

介護予防には、動きのなかで使える「筋肉つくり」と、それを動かす「脳を活性化」することの重要性を、笑いの中から身につける講座を開講している。