大森大のことば


ここは大森大の思いつきの言葉を集めました。

軽く聞き流してくださいね。


人は楽して変われるのか?

 

世の中には『これだけやっていれば大丈夫』というものはない。
そして、それを気軽に口にできる人は偽物が多い。

 

物事の本質は見る角度によって変わってしまう。
だから真実なんてあるようでない。

 

変わらないことは私たちが『人間』であること。
だから私たちは、人間が人間らしく、カラダココロを育てながら想像力を豊かにしながら生きるべきなのかと思う。


答えは相手の中にあるのではなく、自分の中にある
だからまずは自分でしっかり考る

 

自分でどんなに考えてもわからなければ誰かにアドバイスをもらえばいい。
アドバイスをもらったらまた自分で考える

 

それの繰り返し

 

だから自分の世界ができる。
そして、きっと相手の意見も自分の身になっている。

 

だから人を思いやることができる。


 


相手の心に何かを響かせるには条件がある。

ひとつは相手がその話を無意識的にも欲していること。
もうひとつは相手の心にその話を受け入れるだけの隙間があること


今起きていることは過去の結果。
これからの行動は未来へのプロセス。
自分の行動した結果が未来をつくる。
近道なんてない。


運動が苦手な人ほど体の的を絞れない

しっかりと的を絞って体を感じることができれば『わからない』は存在しなくなる

 


運動の『目的』を明確にしながら『手段』を選ぶ

ただの『手段』が己の『目的』だと勘違いしないように注意すること 


運動は『やり方』を習うのではなく、『考え方』を学びましょう!!


健康・元気の代名詞と言えば『子供』。

 

子供の特徴「活発」「笑顔」「好奇心」「無邪気」「純粋」「楽しさ

 

私たちがこれを取り戻していければ、きっと健康や元気になれるのだと思います。

 


老子の言葉授人以魚 不如授人以漁
 
「人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける」

ポジティブになる6箇条

 

①やる前からムリって決めないこと。

②限界を自分で決めないこと。

③過去の経験は未来をより良いものにするために利用すること。

④過去の経験に怯え、一歩前に踏み出すことを躊躇わないこと。

⑤自分の可能性を疑わないこと。

⑥何事にもポジティブにチャレンジすること。


できる人は何でもできる!!


自分を変えられるのは自分自身である。